次の予定

当面マラソン大会はなさそう・・・

御前酒まつり酒2021

日本酒

【ダイエットログ】

体重 72.1
体脂肪率 21.0
朝食 納豆ごはん★味噌汁☆ブランチュール大
昼食 和風パスタ☆ミニサラダ&ガーリックトースト[オルタッジョ]
夕食 おかずほどほど☆淡麗-★冷酒1.2☆ヨーロピアシュガーコーン
おやつ・夜食 焼酎ロック
摂取カロリー 2357
消費カロリー 2377
体調 3:普通

限定販売の「御前酒まつり酒2021」

現在飲んでいる日本酒は「御前酒まつり酒2021」。
岡山県真庭市の御前酒蔵元辻本店という、ちょっと変わった名前の会社のもの。
文化元年(1804年)の創業で、当時は美作勝山藩御用達の献上酒として「御膳酒」の銘を受けたことに由来している。
「御前酒まつり」はこの蔵元で毎年4月に行われているイベントのようで、もともと「御前酒まつり酒」はこのイベント限定で販売されていたようだ。
そのイベントも、昨年度は新型コロナウイルスの影響で中止、今年度は来場型とオンライン型のハイブリッド開催となったとのこと。
そして、例年は「御前酒まつり」来場者のみに販売していたお酒を、近隣府県の酒販店のみで販売することになった。

酒屋の宇山で購入

買ったのは乃木の酒屋の宇山。
もともと島根県でこの蔵元のお酒を販売しているところは少ない。
酒屋の宇山自体は年始以来訪れていなかったが、今月9日に久々に訪れてみた。
槙戸天狗堂とはまた違った品ぞろえのお店だが、この日は見て回るうちに雄町ものを買う気持ちになっていった。
やはり雄町といえば備前岡山。
この蔵元以外にも雄町が気になるものがあったが、やはり限定酒ということで、この「御前酒まつり酒2021」に落ち着いた。

岡山県産雄町(等外米)100%

スペックは以下の通りで、等外米ということで、普通酒に分類されることから、2,640円と雄町にしては格安。
・酒質 菩提酛無濾過1回火入れ
(等外米使用につき普通酒に分類)
・使用米 岡山県産雄町(等外米)100%
・精米歩合 70%
・使用酵母 きょうかい7号
・アルコール度数 17度

まーぶー評価は3.5

前置きがやたらと長かったが、飲んでみた感想は思ったほどではない。
「令和2BYの新酒らしいバナナの様な爽やかさと、菩提酛だからこその深みを感じていただける酒質に仕上がっています」というのが酒屋の宇山ホームページのコメントだったが、確かに味の深みと旨みは感じるものの、雄町独特の複雑さを感じられない。
すべて冷酒で飲み、明日あたりで無くなりそう。
まーぶー評価は3.5といったところか。
なんだかんだ雄町ものをよく買うのだが、永らく雄町らしい日本酒に出会っていないような気がする。

酒粕をもらったが、持て余す

酒屋の宇山でレジにこのお酒を持って行ったところ、サービスがあるという。
そこでお店の人が持ってきたのが、酒粕1キロ(500グラム2袋)。
「御前酒まつり」で購入するとプレゼントされるもののようだが、近隣府県での販売でもプレゼントされるものらしい。
もらったのはいいが、あまり酒粕というものを使ったことがない。
一般的には甘酒なんだろうが、あまり好きではない。
一度は手羽元を付け込んで揚げたのだが、あまりうまくいかなかった。
まだ大量に冷蔵庫に残っている。
板状のものなら天ぷらもいいらしいが、今回もらったのはペースト状のもの。
実際に少し天ぷらにしたら、とても食べれたもんじゃなかった。
そうそう悪くなるものではないが、何かいいレシピはないだろうか。

コメント

  1. 二塁手 より:

    粕汁美味しいよ。鮭とかよくあう。

    • まーぶー より:

      粕汁は、スワロさんが好きではないらしい。というか、酒粕そのものが苦手とか・・・