次の予定

当面マラソン大会はなさそう・・・

Nature(ナテュール)

休日ランチ

【ダイエットログ】

体重 72.0
体脂肪率 21.2
朝食 ごはん★ウインナーエッグ☆味噌汁★ポッキー
昼食 ポークのオーブン焼き☆パン★サラダ☆ごぼうのスープ★コーヒー[Nature(ナテュール)]
夕食 焼売★厚揚げ豚バラ巻☆玉子とハムとキャベツのサラダ★クラシック-☆ホッピーフルセット★チョコチーズアイスバー
おやつ・夜食 鯛焼き
摂取カロリー 2552
消費カロリー 2560
体調 3:普通

本日昼食に訪れたのは、「来待ストーンミュージアム」内にあるレストラン「Nature(ナテュール)」。
松江市内から湖の南側を出雲方面に向かう途中の宍道町に「来待ストーンミュージアム」という施設がある。
「来待石」は、宍道町来待地区周辺でしか産出されない貴重な凝灰質砂岩で、家の柱の土台、階段、飛び石、灯ろうなどの住宅建材から、手水鉢、石臼と、生活に密着した良質の石材として利用されてきたもの。
古くから日本人の暮らしの中に深く関わってきたその歴史・文化を紹介しているのが、「来待ストーンミュージアム」。
正直言うと、ミュージアムそのものはどうしても行きたいというレベルではなく、ずっと先送りにしていた。
一方、レストランの方は評判もよく、優先順位はこちらの方が高かった。

国道9号から少し南に下って、まずはミュージアムの駐車場に。
この駐車場に停っていた車は1台だけ。
一瞬ミュージアムもレストランもガラガラなのでは、という不安がよぎる。
特にレストランが閉まっていた場合、次の昼食場所を見つけるのは難しい場所。
駐車場からレストランまでは距離があり、途中トンネルをくぐるのだが、実はもっと近いところにも駐車場は存在していた。
意外に立派なミュージアムの建物が見えると、その一角のレストランは外から様子がわかり、何人かのお客さんいる。
早速中に入ると、予約がどうかを聞かれる。
なるほど、他の席には「予約席」の文字。

席に案内されると、メニューの選択。
なかなか立派なフレンチのようで、昼でもコース料理もある。
奥様はすぐにパスタランチにし、まーぶーは一品料理のランチ。
料理はポークを焼いたものとのこと。
こういうお店なので、すぐに料理が出てくるというわけにはいかない。
まずはゴボウのスープとサラダ。
ここで隣にも新たなお客さん。
どうやらしっかりとコース料理を注文している。
他にはメインの窓側に数組。
レストランはそこそこ繁盛しているということか。

しばらくすると、パンがやってきた。
2種類のパンは熱々で、ついつい食べてしまうが、なかなか料理がやって来ない。
そして、ようやくやってきた料理はかなりボリュームがある。
それと、このお店しっかりと料理の説明をしてくれる。
フレンチなら当たり前のような気もするが、ミュージアムの一角のお店だけに意外な気もする。
いざお肉を食べてみると、なかなかの食べ応え。
見た目もそうだが、食べてみると、かなりの歯ごたえ。
分厚いがちゃんと火が通っている。
しっかりオーブンで焼かれているんだろう。

最初は分厚く切っていたが、途中から薄く切ってみると、なかなか良い感じ。
ところが、肉の量に比べてパンが少ないので、パンはチビチビと。
それが、肉も残り3割くらいになったところで、パンのおかわりがもらえるという。
実際にはそこから5分くらいかかったので、肉は更に薄くゆっくりと。
最後はパンにソースをつけて完食。
思った以上にお腹いっぱい。
食後のコーヒーもついており、さすがに追加のデザートまではたのまなかったが、なかなか良い食事だった。
席もゆったりだし、レストラン自体の雰囲気も悪くない。
支払いはお馴染みの、しまねプレミアム飲食券で。
昼の営業は14時30までで、食事はそれくらいに終わったのだが、そこで入ってきたお客さんも案内していた。
食後はミュージアムに移動したのだが、そのあたりのことはネタのない週明けにとっておこう。

コメント