次の予定

当面マラソン大会はなさそう・・・

『 麒麟がくる』が終わった

エンタメ

【ダイエットログ】

体重 70.9
体脂肪率 21.0
朝食 納豆ごはん★味噌汁☆アルフォート
昼食 牛肉とキャベツの赤ワイン煮込み★サラダ☆ライス★コーヒー[びいどろ]
夕食 牛肉野菜炒め★豆もやし☆ブロッコリーサラダ★黒ラベル-☆ホッピーフルセット★ハーゲンダッツミニ
おやつ・夜食
摂取カロリー 2365
消費カロリー 2291
体調 3:普通

大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回が先週末に放送された。
沢尻エリカ騒動による遅延、新型コロナウィルスによる中断を経て、2月の最終回が第44話という異例の大河ドラマだった。
まーぶーが溜まった大河ドラマを春が過ぎてから見始めるのは例年のこと。
「麒麟がくる」については、去年の9月2日に一度記事を書いた。
ちょうど中断していた放送が再開した直後だ。
この段階で本放送に追いついたわけだから、あとは毎週観ればいいだけなのだが、そもそもドラマを毎週見るという習慣がない。
結果数回観て放置し、2月に入った段階で10話ほどためこんだ状態。
いよいよ最終回の「本能寺の変」が迫っていることがわかって一気に録画を立て続けに観ることになった。
これはこれで見応えがあった。
たぶん、足利義昭をめぐるくだりが面白くなくて、放置していたんだと思う。
それが、義昭追放後、クライマックスに向けて光秀の信長に対する憎悪に近い感情が膨らんでいく過程はよく描かれていたと思う。
最終回が光秀生存説を示唆する内容になっていたのは強引に思うが、義経=チンギス・ハーン説と似たようなもんだろう。
我々が知っている戦国時代とは、豊臣さらには続く徳川を是として描かれている。
出生そのものが謎だらけの光秀など、正確に伝わってはいないと考えるのが自然。
坂本でも丹波でも光秀は名君として慕われていたとも言うし。
子供の頃からイメージしていた光秀像と、このドラマで描かれている光秀が色んな意味で違っているのは、これまでの常識を覆してくれて、ドラマを観ている身としては楽しい時間だったと思う。
いずれにせよ「本能寺の変」は謎に満ちている。
それは「麒麟がくる」がどのように描かれようとも、変わらないこと。
医者だの、そこの娘だの、旅役者だの、架空の人物の取り上げ方には賛否あったし、やはり違和感は残る。
そうはいってもドラマはドラマ。
最後はこれもありのような気がしてきたし、謎に満ちた光秀だからこそ、こんなドラマでも受け入れることができたんだろう。
前回記事のとおり、3年ぶりの大河ドラマ制覇を果たせたのは満足。
そして、来週には「晴天を衝け」で渋沢栄一が描かれる。
尊敬すべき偉人ではあると思うが、ドラマとしては面白くなるのかどうか。
戦国ものの後はだいたい苦戦。
録りだめて、夏前に観るか消すか決めることになりそうだ。

コメント